画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

三菱倉庫、東南アジアの現地法人2社がGDP認証を取得

三菱倉庫、東南アジアの現地法人2社がGDP認証を取得

欧州に続き、グローバルで体制整備促進

三菱倉庫は6月1日、現地法人の泰国三菱倉庫会社(タイ)とインドネシア三菱倉庫会社が、タイとインドネシア国内で医薬品の取り扱い体制について、医薬品の適正な流通に関する国際的なGDP認証を取得したと発表した。

現地法人のGDP認証取得は、昨年12月の欧州現地法人以来。国際輸送関連では関西国際空港において医薬品航空輸送の品質認証「CEIV Pharma認証」を取得済みで、成田国際空港での同認証の取得に向けて準備を進めている。

認証の概要
泰国三菱倉庫会社
取得認証 World Health Organization Good Distribution Practice(WHO GDP)
対象事業所 泰国三菱倉庫会社 バンコク本社
対象業務 通関業務および国内輸送業務(海上・航空発着貨物を含む)
認証取得日 2022年3月24日

インドネシア三菱倉庫会社
取得認証 World Health Organization Good Distribution Practice(WHO GDP)
対象事業所 インドネシア三菱倉庫会社 MM2100 Distribution Center
対象業務 倉庫保管業務(2℃~8℃、18℃~22℃、常温)、入出庫業務
認証取得日 2022年4月23日

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事