画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

「空飛ぶクルマ」開発のテトラ・アビエーション、三井住友海上キャピタルなどから4.5億円調達

「空飛ぶクルマ」開発のテトラ・アビエーション、三井住友海上キャピタルなどから4.5億円調達

技術者採用に充当、2022年度中の機体初納入目指す

「空飛ぶクルマ」の開発を手掛けるテトラ・アビエーションは6月21日、三井住友海上キャピタル、テイ・エステック、協和テクニカ、東鋼、三菱ガス化学などの事業会社向けに計4.5億円の第三者割当増資を実施したと発表した。併せて、自社役員・従業員への新株予約権も発行した。

調達した資金は主に国内外からの技術者採用に充てる。

同社は一般的に空飛ぶクルマとみなされている世界のeVTOL(電動垂直離着陸機)市場に参入するに際し、まず個人向けの販売に注力。将来のAirTaxi事業用の機体開発につなげていくことを目指す。

2022年度中には最初の顧客へ空飛ぶクルマを届けることを目指す。日米で一般公開可能な有人飛行を含めた飛行試験を実施し、米国でのアマチュアビルド市場における認証を取得する予定。


出資した主要企業


開発中の空飛ぶクルマ


中井佑代表取締役(いずれもテトラ・アビエーション提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事