画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

BYDジャパンと澁澤倉庫が電動フォークリフト活用などで業務提携

BYDジャパンと澁澤倉庫が電動フォークリフト活用などで業務提携

バッテリーの再利用促進、環境負荷低減図る

中国のEV(電気自動車)メーカー、比亜迪(BYD)の日本法人ビーワイディージャパンと澁澤倉庫は6月23日、物流領域の環境負荷低減促進へ業務提携したと発表した。

提携に基づく取り組みの第1弾として、澁澤倉庫グループはBYD製の電動フォークリフトとEV商用バンを導入。両社は各車両に搭載したバッテリーの循環利用に向けた枠組み構築を進める。


撮影に応じるBYDジャパンの劉学亮社長(左)と澁澤倉庫の大隅毅社長(両社提供)

提携に則り、両社は電動フォークリフトやEV商用バンの電源として利用したバッテリーを倉庫施設などの定置型蓄電池として2次利用することを想定。災害時非常用電源として活用することも念頭に置いている。

さらに、2次利用済みで、低容量のバッテリーでも活用できる設備への転用を計画しているほか、使用済みバッテリーのパーツの再資源化を検討する。

BYDジャパンと澁澤倉庫グループはバッテリーの循環利用のモデルを確立させるとともに、BYD製品の特徴の1つの耐久性を生かし、リンク部品の循環利用や、サブスクリプションサービスの提供なども検討する。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事