画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

商船三井と三菱造船、液化CO2船の設計基本承認をノルウェーの船級協会から取得

商船三井と三菱造船、液化CO2船の設計基本承認をノルウェーの船級協会から取得

カーボンニュートラルへの貢献目指す

商船三井と三菱造船は9月6日、共同開発している液化CO2輸送船(LCO2船)に関し、ノルウェーの船級協会デット・ノルスケ・ベリタス(DNV、本部オスロ)から設計基本承認(Approval in Principle、AiP)を取得したと発表した。

AiP授与式は、天然ガス・LNG・水素など世界のエネルギー環境問題に関する大規模国際会議「ガステック2022(Gastech 2022)」の会場となったイタリア・ミラノのフィエラ・ミラノで9月5日に行われた。


ガステック2022で行われたAiP授与式

このほどリスクアセスメント(Hazard Identification Study、HAZID)を実施しAiPを取得したLCO2船は、両社が共同で2021年11月にコンセプトスタディを完了した5万立方メートル級の船型。将来の大型化を見据えたタンク圧力を仕様に取り込むとともに、欧州でLCO2船を30年以上管理する商船三井出資先のラルビック・シッピング(ノルウェー)の知見を取り入れ、実運航に沿ったHAZIDを実施した。

商船三井と三菱造船は、相互補完となる各社の強み・知見を活用し、現在実施している共同開発事業を進めるとともに、今回取得したAiPを通じてCCUSバリューチェーン構築に必要なLCO2船を含む各種技術の開発に引き続き尽力していく方針。


DNVから取得したLCO2船のAiP(いずれもプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事