画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ANAグループと双日プラネット、航空貨物用プラスチックフィルムをリサイクルへ

ANAグループと双日プラネット、航空貨物用プラスチックフィルムをリサイクルへ

日本の航空会社で初、資源類の廃棄量削減図る

ANAホールディングス(HD)と双日グループの合成樹脂商社、双日プラネットは9月29日、使用済みの航空貨物用プラスチックフィルムなどを回収し、ANAで使用するプラスチック製品に再生することで、プラスチックを廃棄しない循環型スキームを共同で運営すると発表した。日本の航空会社では初めてという。

ANAグループは中長期環境目標の中で資源類の廃棄率を2030年度までに19年度比で70%以上削減、50年度までにゼロにすることを掲げている。

双日プラネットはANAHDとの取り組みのほか、航空業界にとどまらずその他の産業でも、今年4月施行のプラスチック資源循環促進法(プラ新法)を考慮した使用済みプラスチックの国内資源循環スキームを構築、環境負荷低減に貢献することを目指している。

まず日本国内の空港で使用済みの航空貨物用プラスチックフィルムなどをANAが回収。ラベルやテープ類といった付着物を除去し、圧縮した上で双日プラネットに引き渡す。その後はペレットに再生し、ANAで使用するプラスチック用品製造メーカーに納入、再生品をANAで再利用するとの流れを想定している。


(いずれもプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事