新型コロナウイルス感染症への対応について

マッチングサービス「ハコベルカーゴ」と物置シェア「モノオク」が協業しテレワーク支援

マッチングサービス「ハコベルカーゴ」と物置シェア「モノオク」が協業しテレワーク支援

不要な荷物を預けやすくし自宅内に快適な仕事環境整備を後押し

荷物と軽貨物のトラックドライバーをマッチングする「ハコベルカーゴ」を展開しているラクスルは9月8日、物置のシェアサービス「モノオク」を手掛けるモノオクと協業し、テレワークを支援する新サービスを開始したと発表した。

荷物の保管場所探しから配送までをワンストップで提供し、すぐに必要としない荷物をモノオクのスペースに預けやすくすることで、自宅内でテレワーク用の空間を確保できるようサポートする狙いがある。

保管費用は1畳当たり月額3000円(東京都内は6000円)からで、配送費用も相場の半額程度という。

新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークが広がっているのに伴い、自宅内に快適な仕事環境を作るというニーズが高まっており、ハコベルカーゴも家具・家電などの大型配送を依頼する個人ユーザーが感染拡大前から約2割増加している。両社が連携することで、新たな需要を取り込みたい考え。


サービスのイメージなど(ラクスル提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事