画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

関通が兵庫・尼崎で4300坪の新センター「アグリベース」竣工、Jリートの日本ロジが建物取得決定済み

関通が兵庫・尼崎で4300坪の新センター「アグリベース」竣工、Jリートの日本ロジが建物取得決定済み

エリア5カ所目、共同物流推進しコスト削減や配送効率化図る

関通は11月30日、兵庫県尼崎市で、同市エリアとしては5カ所目となる新たな物流センター「アグリベース:(延床面積4300坪)」の竣工式を開催したと発表した。稼働開始は12月1日の予定。

建物自体はJリートの日本ロジスティクスファンド投資法人が昨年12月、取得する方針を決定したことを開示している。

アグリベースの稼働に伴い、同社の尼崎エリア拠点の総面積は3万3800坪に拡大。さらに、2023年11月には「関西新物流センターⅡ(仮称)」の開所を控えており、保有倉庫が6拠点、総面積4万2500坪に広がる。

アグリベースは「集約する」という意味を込めている。今後、アグリベースはメーカーと上下の企業を1つの物流センターで運営する「共同物流」を推進し、納品時に発生する運賃コストの低減やリードタイム短縮、各倉庫で必要な荷役作業の削減を実現する。

同社は尼崎エリアに拠点を集中して展開する理由について「兵庫県尼崎市向島・末広地区は関西で特に発展していく物流地区となる。また、阪神高速5号湾岸線、阪神高速3号神戸線など港や高速道路が近いことによる交通の利便性の高いことから、よりお客様のニーズにあったご提案が可能になる」とメリットを強調している。

(藤原秀行)※写真は関通提供

物流施設/不動産カテゴリの最新記事