日野自動車が羽村工場に企業内保育所を開設

日野自動車が羽村工場に企業内保育所を開設

古河工場と本社・日野工場に続き3カ所目

日野自動車は3月26日、羽村工場(東京・羽村市)に4月1日付で企業内保育所を開設すると発表した。働き方改革の一環として子育て世代が安心して就労できる環境を整えるもので、企業内保育所は2017年1月の古河工場(茨城・古河市)と同4月の本社・日野工場(東京・日野市)に続き3カ所目となる。

新保育所の名称は「トントンキッズ・はむら」で入所定員は30人。工場の稼働カレンダーに合わせて開所日を設定している。保育運営と日常保育は子育て支援サービスなどを手掛けるポピンズ(東京・渋谷区)に業務委託する。

日野は多様な人材が能力を存分に発揮し活躍することが付加価値の高い商品・サービス提供につながるとの考えから、在宅勤務制度や企業内保育所の導入などに取り組んできた。今後も人材の育成・活躍支援を積極的に進めていく方針。

(鳥羽俊一)


「トントンキッズ・はむら」の内観

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

雇用/人材カテゴリの最新記事