トラスコ中山がAIで見積もり回答や適正商品価格の算出などを自動化へ

トラスコ中山がAIで見積もり回答や適正商品価格の算出などを自動化へ

システム構築プロジェクトのパートナーに日本IBMとSAPジャパンを起用

機械工具卸大手のトラスコ中山は3月28日、基幹システムのリニューアルとAI(人工知能)など最先端テクノロジーを活用した業務自動化プロジェクトに着手したと発表した。主要ソリューションにはSAPの最新ERPである「SAP S/4HANA」を採用し、日本IBMがプライムパートナーとして企画構想段階のコンサルティングから要件定義、システム構築までを一貫支援。2020年1月の稼働開始を目指す。

トラスコ中山では取扱商品の拡充と即納体制の強化を継続的に進めているが、その一方で多様な商材への対応や問い合わせへの回答、価格設定などを個別にご対応しているおり業務量が増加している。今プロジェクトでは業務改革と併せて顧客の利便性向上につながる新サービスを立ち上げ、自社のビジネス変革と業界全体の事業拡大に資する新たな仕組みづくりに挑む。

プロジェクトの主要改革テーマには、
▽見積もり回答の自動化 (1日数万件を人手で対応している見積もり業務に先進テクノロジーを適用。自動・半自動化することで社内の業務工数を劇的に削減して顧客へより迅速な回答とサービスレベルの向上を実現)
▽ 適正商品価格の自動算出(膨大かつ日々更新される商品特性別、全国各地にわたる得意先別に手作業で行っていた特価のマスター更新業務を統計に基づいて自動算出。社内工数の低減と更新漏れを防ぐとともに、顧客へ適正価格を常に提供できる仕組みを整備)
▽仕入先との連携強化に向けたポータル構築(電話やファクスなどアナログ形式で行っていた見積もり、納期確認といった仕入先との業務を基幹系の仕組みと連携した新しいプラットフォーム上にウェブポータル形式で実装。効率化とタイムリーな情報連携を促進)
――の3点を挙げる。

また並行して「MROストッカー」と称した新規サービスを開始する。エンドユーザーの利便性向上を目的としたもので、商品が使用される生産現場などに隣接したロケーションに同社が取り扱う各種商品を販売店経由で取りそろえて即納体制をサポート。また注文・決済・在庫管理などの作業をICタグやスマートフォンを利用して簡単に行える仕組みのほか、膨大な顧客データや天候データを分析して現場に最適化された商材を提供する予定だ。

(鳥羽俊一)


主要改革テーマに関する実現イメージ(トラスコ中山ニュースリリースより)※クリックで拡大

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事