シモハナ物流、勤務シフトを自動作成

シモハナ物流、勤務シフトを自動作成

鉄道情報システムのソフト活用、作業時間を2~3日から1分へ大幅短縮

シモハナ物流は4月3日、JR東日本グループの鉄道情報システム(東京)が手掛ける勤務計画作成支援ソフト「勤務シフト作成お助けマン」を導入、シフトの自動作成をスタートしたと発表した。

従来は担当者が別のソフトを利用していたが、多様な条件を勘案してシフト作成していたため、担当業務の引き継ぎに労力を要するなどの課題を抱えていた。

新たなソフトの活用で、シフト作成の日数をこれまでの2~3日から1分へ大幅に短縮。シモハナ物流は公平に計画を立案できるようになり、法令順守体制の整備につながったと効果を強調している。


システム導入のイメージ(シモハナ物流プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事