NEXCO中日本、東名道で事前予約制駐車場の社会実験へ

NEXCO中日本、東名道で事前予約制駐車場の社会実験へ

トラックドライバーの確実な休憩を後押し

中日本高速道路(NEXCO中日本)は4月5日、東名道の豊橋パーキングエリア(愛知県豊橋市、下り線)で駐車場予約システムの社会実験を今月12日午後1時に始めると発表した。

長距離を走るトラックドライバーが休憩場所をあらかじめ確保できるようにし、労働負荷軽減を図るのが狙い。当面は無料でスペースを提供し、状況を見て有料に転換する。

豊橋PA内に特大車用6台、中型・大型車15台分の予約可能スペースを確保。ETC2・0の利用などが条件で、事前に登録が必要。利用の2週間前から当日の5時間まで予約を受け付ける。PAには予約専用レーンから入る。


予約駐車場の利用の流れ(NEXCO中日本資料より引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事