食品大手5社が出資の物流会社「F-LINE」始動

食品大手5社が出資の物流会社「F-LINE」始動

センター共有や共同配送など推進、持続可能な商品輸送体制確立へ

食品大手5社が共同で出資した物流会社「F-LINE」が4月1日に発足した。

協働に参加しているのは味の素、カゴメ、日清オイリオグループ、日清フーズ、ハウス食品グループ本社。味の素物流にハウス物流サービス、カゴメ物流サービスなどの事業を統合、F-LINEに社名を変更した。

メーカー5社とMizkanは2015年2月、食品物流の共同物流プラットフォーム構築に合意。北海道での共同配送や関東~関西間の鉄道貨物へのモーダルシフトなどを進めてきた。

今後は前述のメーカー6社がF-LINEを軸として食品や日用品などの分野で物流センターの共有、共同配送による配送件数削減、幹線輸送の効率化などを推し進めるほか、人材開発や設備投資でも連携。深刻化する物流業界の人手不足を克服し、持続可能な商品輸送体制の確立を目指す。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事