兵機海運、神戸市内で新倉庫3棟建設へ

兵機海運、神戸市内で新倉庫3棟建設へ

20年1月引き渡し予定、台風受け防災仕様強化

兵機海運は4月12日、神戸市内で建設する新たな倉庫の概要を発表した。

3棟で総延べ床面積は9226平方メートル。投資総額は約18億円を計画している。物件引き渡しは2020年1月下旬の見込み。海運貨物の取り扱い拡充を図る。

当初は19年2月の引き渡しを想定していたが、昨年9月の台風21号で建設予定地の近隣も風水害と高潮の被害を受けたため、防災仕様を強化することを決め、建設計画全体を見直したため完成がずれ込んだ。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事