三菱ふそうが「キャンター」2019年モデルを発売

三菱ふそうが「キャンター」2019年モデルを発売

電気式ブレーキ磨耗インジケーターを全車に新導入

三菱ふそうトラック・バスは5月10日、小型トラック「キャンター」の2019年モデルを発表した。

車両総重量7.5トン以下は5月、7.5トン超は7月からそれぞれ全国で販売を開始する。東京地区の参考販売価格は税込みで約505万円。

全車で平成28年度排出ガス規制に適合するとともに、7.5トン超クラスでJ-OBDⅡ(車載式故障診断装置)規格に対応。18年モデルでは7.5トン以下に搭載済みの「衝突被害軽減ブレーキ」「車両安定性制御装置」「車両逸脱警報装置」を含む先進安全技術を7.5トン超クラスにも拡大展開した。また、新たに電気式のブレーキ磨耗インジケーターを全車に導入して安全性をさらに高めた。

エンジン始動時にエコモードとなる改善を施して燃費向上を図ったほか、BluetoothとUSBポート搭載によりスマートフォンや他の機器との接続が可能になり快適性も配慮している。


三菱ふそうニュースリリースより

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事