日本トランスシティの次期社長に安藤仁常務執行役員が昇格

日本トランスシティの次期社長に安藤仁常務執行役員が昇格

小川謙社長は代表権のある会長、小林長久会長は相談役へ

日本トランスシティは5月14日、次期社長に安藤仁常務執行役員関西支社長が昇格するトップ人事を発表した。

小川謙社長は代表権のある会長、小林長久会長は取締役相談役に就く。6月27日開催予定の定時株主総会ならびに取締役会で正式決定される運び。

安藤氏は三重県出身の60歳。横浜市立大を卒業し、1981年4月に日本トランスシティ入社。情報システム部長、運輸事業部業務部長、総務部長を経て2013年6月に取締役総務部長、17年6月から現職。社長就任に伴い営業本部長、管理本部長、海外本部長も兼務する。


安藤仁次期社長(日本トランスシティ提供)

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日本トランスシティカテゴリの最新記事