メルマガの配信元アドレスが変更となりました

オーケー、関西スーパー臨時株主総会で可決の経営統合議案差し止めで仮処分申し立て

オーケー、関西スーパー臨時株主総会で可決の経営統合議案差し止めで仮処分申し立て

賛否の議決権行使集計に疑義と主張

オーケーは11月9日、関西スーパーマーケットが10月29日開いた臨時株主総会が可決した、同社とエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリング傘下の食品スーパー2社との経営統合に向けた株式交換について、神戸地裁に11月9日付で差し止めの仮処分を申し立てたと発表した。

オーケーは関西スーパー株式の約7%を保有する大株主。オーケーは総会で、本来否決されるべきだった議案が可決されたと主張、「本件疑義については公正を期して司法の判断を仰ぐべきであるとの考えに至った」と説明している。

オーケーは、株主総会の手続きが適正に進められているかなどを調査するよう裁判所から任命された「検査役」の弁護士の報告に基づき、総会で全株主の投票を締め切った後に、関西スーパー側が特定の株主の投票内容を「棄権」から「賛成」に変えた結果、議案の否決が「可決」に覆されたとの見解を示している。

株式交換は12月1日に効力を発生する予定のため、オーケーはその前に仮処分を申請した。

関西スーパーは11月9日、オーケーの主張に対し、総会は適正に行われたとの考えを表明している。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事