リコー、米国向け複合機生産を中国からタイに移管へ

リコー、米国向け複合機生産を中国からタイに移管へ

貿易摩擦踏まえ、制裁関税の影響最小限に

リコーは5月16日、米国向け主要複合機の生産を中国からタイに移管すると発表した。

貿易摩擦で米国が制裁関税措置として、対中国の関税引き上げを決めたことを踏まえ、生産体制を見直し、影響を最小限にとどめる。

従来は主要複合機の高速モデルの生産は中国の深圳、中速・低速モデルはタイ・ラヨーン県でそれぞれ実施してきたが、製品の仕向け地ごとに拠点を分けることにした。同社はタイへの移管が約2カ月程度で完了するとの見通しを示した。

移管後もグローバル全体や、中国、タイ両国での生産量に大きな変動はないという。今後はタイから中国への移管なども検討する。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事