トヨタ、工場でScanditの高性能スキャン技術採用しトレーサビリティー用コードの読み取り精度向上

トヨタ、工場でScanditの高性能スキャン技術採用しトレーサビリティー用コードの読み取り精度向上

タブレット内蔵カメラのみで対応可能、業務の負荷低減と生産性向上

バーコードなどの高速・高精度読み取り技術を手掛けるスイスのスタートアップScandit(スキャンディット)は6月18日、トヨタ自動車がScanditの技術「Scandit Barcode Scanner SDK」を採用し、作業遅延を発生させることなく製造ラインでのタブレット内臓カメラによるバーコードとQRコードのスムーズなスキャン作業を実現したと発表した。

Scandit Barcode Scanner SDKは、トヨタの製造現場で部品に貼付したトレーサビリティー用コード(金属面への刻印や湾曲面に貼られたシールなど)の正確なスキャンに対応しているという。

愛知県のトヨタ田原工場は現在3つの製造ラインが稼働している。車種は主にランドクルーザー、レクサスGX、センチュリーなどの大型車が中心。同工場の一部ラインで、主にトヨタで開発も担っている作業者への生産指示アプリ(電子指示ビラ)をタブレットで利用していた。

タブレットと連携させたQRリーダーを使用し、部品のトレーサビリティーに関する情報を取得していたが、タブレットに加えて高価な専用スキャナーが必要でコストがかさみ、タブレットと専用スキャナーの両方を操作しなければならないため生産性が低下していた。専用スキャナーの充電やBluetoothペアリングなどの管理も手間になっていた。

そこでトヨタはタブレットの内蔵カメラで各種コード(バーコード、QRコード、マイクロQR)を読み取ることを検討。しかし、汎用タブレットに搭載のカメラアプリやオープンソースのフリーソフトでは、サイズの小さいコード、湾曲面に貼られたコード、また暗い車両内でのコードの読取でスキャンの遅延・失敗といった問題が発生していたため、製造現場での使用には十分耐えられなかった。

トヨタはScandit Barcode Scanner SDKをテスト、検証した結果、タブレットの内蔵カメラを使用しているにも関わらず、QRコードの迅速かつ優れた読み取り精度を実現できることを確認。別のテストではScandit Barcode Scannerが部品に付いているQRコードの読み取り精度を大幅に向上させていることを見出した。

金属面に刻印されたり、湾曲した面に貼られたりしたQRコードも含んでおり、トヨタは各テスト結果を総合的に評価、Scandit Barcode Scanner SDKの採用を決めた。

Scanditのパートナーの日立ソリューションズが事前検証でScanditの支援に入り、スムーズな導入を実現したという。

Scandit Barcode Scanner SDKの導入により、専用スキャナーが不要になり、コストを大幅に削減。タブレット1台のみで操作が可能となり、作業効率を大幅に向上させることに成功した。専用スキャナーの管理が不要になり、運用負担を軽減した。さまざまな状態のコードを高精度に読み取ることもできる。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事