豊田通商、AI画像解析で車両検査手掛けるイスラエルのスタートアップ企業に出資

豊田通商、AI画像解析で車両検査手掛けるイスラエルのスタートアップ企業に出資

数秒で完了、セキュリティーにも応用期待

豊田通商は6月19日、先端技術に投資する社内ファンド「ネクストテクノロジーファンド」を通じ、AI(人工知能)を活用した画像解析による車両検査サービスを展開しているイスラエルのスタートアップ企業UVeye(ユーブイアイ)の第三者割当増資を引き受け、資本参加したと発表した。出資の額や比率は開示していない。

撮影ユニットの上を車両が通ると下部をスキャンして画像データを取得、3Dイメージ加工した上で、AIがさびやオイル漏れ、部品の欠落といったトラブルを検出、識別する仕組み。車両診断は数秒で済ますことが可能で、検査のスピードアップと負荷軽減を図る。

ユーブイアイは重要施設に入る車両のセキュリティーチェックなどにも応用できると期待。併せて、車両のボディーやタイヤなども含む車両全体を一度に検査できるシステムの開発を進めている。

豊田通商はユーブイアイ製品とサービスの販売権を取得、子会社の豊通オートモーティブクリエーションと組み、自動車や警備保障などの業界向けに拡販を図る。新たな検査サービスの開発にも取り組む考えだ。

ユーブイアイは2016年設立。検査診断サービスは世界70カ所で提供している。


AI画像解析による車両検査サービスの概要(豊田通商プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事