ボルボと米エヌビディア、自動運転トラック開発で提携

ボルボと米エヌビディア、自動運転トラック開発で提携

AI活用した走行経路作成などの技術確立へ

スウェーデンの商用車大手ボルボと米国の半導体大手NVIDIA(エヌビディア)は6月18日、自動運転のトラックや建設機械などの開発で提携したと発表した。

AI(人工知能)を活用して安全で効率的な走行経路を作成する技術などを共同で開発する契約を複数年にわたって締結した。早期に公道を走ることが可能なトラックを実用化したい考え。

エヌビディアが自動運転車両開発に向け商用車の専業大手と連携するのは初めて。両社は車両に設置したセンターによる周辺の情報収集、高精度な地図の作成などの技術確立も目指す。自動運転トラック実用化の目標時期は明らかになっていない。


トラックなどの自動運転実現目指す(エヌビディアプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事