NTTロジスコ、千葉・市川で5・7万平方メートルの物流施設が20年3月完成へ

NTTロジスコ、千葉・市川で5・7万平方メートルの物流施設が20年3月完成へ

センター内5棟目、通信・ITや医療機器の3PL需要獲得狙う

NTTロジスコは6月21日、千葉県市川市の千葉物流センターで、新たに5棟目となる「E棟」が2020年3月完成すると発表した。

E棟は地上6階建て(倉庫フロアは4階)、延べ床面積5万7117平方メートルを計画。JR京葉線の二俣新町駅から徒歩5分で労働力確保に強みを持つ。

センター内にある既存の4棟は全て満床となっており、新たにE棟を開発することで通信・IT機器や医療機器の3PLサービスの需要をさらに獲得していきたい考え。


「E棟」の完成イメージ(NTTロジスコプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

NTTロジスコカテゴリの最新記事