日本通運、鉄道コンテナの貨物運賃を7月1日に引き上げへ

日本通運、鉄道コンテナの貨物運賃を7月1日に引き上げへ

「発送料・到着料」は現行から平均10・1%、休日や夜間・早朝作業は割増新設

日本通運は6月28日、トラックと鉄道を組み合わせて一貫輸送する鉄道利用運送事業に関し、鉄道コンテナの貨物運賃料金と混載荷物運賃料金を7月1日に引き上げると発表した。国土交通省へ同日、改定料金を届け出る予定。

コンテナ貨物運賃料金は、基準料率について「発送料または到着料」を現行の届出運賃料金から平均10・1%増額。併せて、日曜祝祭日の作業に「休日割増」(2割増)、午後10時から午前5時までの作業に「夜間・早朝割増」(3割増)をそれぞれ新たに適用する。混載荷物運賃料金も同様の内容で改定する。

同社は2017年の標準鉄道利用運賃約款の改正に伴い、「待機時間料」や「燃油サーチャージ」を導入するなどの改定を行ったが、基準料率に関しては1990年届出の内容を維持してきた。しかし、トラックドライバー不足などの環境変化を踏まえ、運賃アップを決断した。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日本通運カテゴリの最新記事