新開トランスポートシステムズの神戸営業所新施設が稼働

新開トランスポートシステムズの神戸営業所新施設が稼働

プロロジス開発案件に入居、精密機器の保管に最適な設備導入

新開トランスポートシステムズ(STS)は7月1日、神戸市に新設した物流センター「神戸営業所」が稼働したと発表した。

プロロジスが開発した物流施設「プロロジスパーク神戸4」(地上4階建て、延べ床面積約2万4800平方メートルに入居。山陽道の神戸西ICに隣接した同市の産業団地「神戸テクノ・ロジスティックパーク」内に位置している。

天井クレーン2・8トン2基やテーブルリフター、温調設備など精密機器の保管に最適な設備とセキュリティーシステムを導入。同市内陸部で津波のリスクがなく地盤も強固なエリアを選択するなど、BCP(事業継続計画)ニーズにも対応している。STSは西日本広域をカバーする戦略的物流拠点と位置付けている。


神戸営業所の全景(STSプレスリリースより引用)
の写真を使ってみてください

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

新開トランスポートシステムズカテゴリの最新記事