日野自動車の「日野グローバルパーツセンター」が稼働開始

日野自動車の「日野グローバルパーツセンター」が稼働開始

旧拠点を野村不動産の物流施設「Landport青梅Ⅰ」に移転

日野自動車は5月7日、東京・青梅市で新たな補給部品供給拠点「日野グローバルパーツセンター」が稼働を開始したと発表した。旧拠点の「青梅部品センター」を野村不動産が隣接地で開発した物流センター「Landport青梅Ⅰ」に移転。延べ床面積は旧拠点の1.6倍と十分なスペースを確保するとともに、設備も刷新して生産性の向上と拠点内物流の整流化を図る。

最新物流施設による補給部品のリードタイム短縮と供給体制の強化を通じて、日野が掲げるトラックユーザーの各車両を最適な状態に保つ“最高にカスタマイズされたトータルサポート”の実現につなげていきたい考え。

新拠点の延べ床面積は約6万1000平方メートルで旧拠点(約3万7000平方メートル)から2万4000平方メートルほど拡大した。また建屋の低層化と庫内レイアウトを見直すことで納入・出荷における部品の移動や滞留を限りなく低減させるとともに、最新設備の導入や人手に頼る工程の自動化によって作業性を向上。入出荷レーン数も旧拠点から約5倍に増やしてよりスムーズな受け入れと出荷を可能にした。

並行して庫内全館で空調設備の導入やドライバー専用休憩所の設置、ミーティングにも活用できるラウンジを併設したカフェテリアなど、納入事業者のドライバーや庫内作業者の就労環境・満足度向上にも積極的に取り組んでいる。

先行して海外市場向けに出荷を始め、その後は日本市場向けへと対象を順次拡大させ8月から本格稼働に入る予定。引き続きさらなる効率化を図ることでトータルサポートの基盤として進化させていく方針だ。


日野グローバルパーツセンター外観(日野自動車ニュースリリースより)

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事