CREと家電量販大手エディオン、次世代物流基盤構築へ業務提携で基本合意

CREと家電量販大手エディオン、次世代物流基盤構築へ業務提携で基本合意

合弁会社設立を検討、他業界にも開放

シーアールイー(CRE)は7月4日、家電量販大手のエディオンと、次世代物流インフラプラットフォームの構築に向け業務提携することで基本合意したと発表した。

両社が合弁で新会社を設立し、在庫管理や宅配など物流のさまざまなビッグデータを活用して業務効率化やサービスレベルを図ることを検討。両社以外にもさまざまな業種・業界が参画できる「オープンイノベーション型物流インフラプラットフォーム」の構築を図る。

両社は「お互いが提携することでこれまでにない物流インフラプラットフォームの構築ができると認識が一致した」と説明している。


両社提携のイメージ(プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事