「AI・人工知能EXPO」が来年から春・秋の年2回開催に

「AI・人工知能EXPO」が来年から春・秋の年2回開催に

リード エグジビション ジャパンがブロックチェーン展も新設

産業向けなど各種大型展示会を手掛けるリード エグジビション ジャパン(東京・新宿区)は7月9日、日本最大の人工知能専門展「AI・人工知能EXPO」を来年から春・秋の年2回開催にすると発表した。

去る4月の「第3回」では前回を2416人上回る4万8739人が来場。出展社や来場者から「(AI・人工知能EXPOは)AIビジネスの発展に大きな貢献を果たしている。年2回開催してほしい」「出展社が非常に多いため来場しても年1回では全社と商談ができない。秋も開催してほしい 」など、開催機会の拡大を求める声が数多く寄せられているという。

これを受け同社では来年から春開催を「第4回AI・人工知能EXPO<春>」(4月1~3日、東京ビッグサイト)、秋開催を「第1回AI・人工知能EXPO<秋>」(10月28~30日、千葉・幕張メッセ)とする一方、新たに「第1回ブロックチェーンEXPO」を同時開催することも決定した。



2018年の会場の様子(AI・人工知能EXPOウェブサイトより)

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事