上組が横浜港のターミナル運営を大黒C-3から本牧D-1に移転

上組が横浜港のターミナル運営を大黒C-3から本牧D-1に移転

本船荷役と輸出実入りコンテナの受け入れは7月25日開始

上組は7月10日、横浜港大黒ふ頭C-3ターミナルの運営を本牧ふ頭D-1ターミナルへ移転するのに伴い、本船荷役などの各種業務に関するスケジュールを発表した。移転作業は順次行い月内に完了する。

本船荷役は25日に入港予定本船より本牧ふ頭D-1ターミナルで開始。空コンテナは8日から受け入れを開始している。輸出実入りコンテナの受け入れは18日にゲートオープンで25日の本船から行う。事務所は22日より新オフィスで営業を開始する。移転先住所は横浜市中区本牧ふ頭1-10 TOC 5階。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事