LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

ブリヂストンが北米でトラック用タイヤを増産へ

ブリヂストンが北米でトラック用タイヤを増産へ

45億円を投じてテネシー州の工場拡張

 ブリヂストンは11月16日、北米でトラック・バス用ラジアルタイヤの生産能力を増強すると発表した。

 現地子会社のブリヂストン アメリカス・インクを通じてテネシー州のウォーレン工場に今後3年間で総額4000万ドル(約45億円)の設備投資を行い、2020年末までに1日当たりの生産能力を現在の9125本から9400本へ拡大する。

 北米地区で伸びているラジアルタイヤ需要に対応するため、生産拠点の能力増強を通じて高い品質と競争優位性を持ち合わせた製品を迅速・柔軟に供給できる体制の構築を図る。

 ウォーレン工場は1990年設立。約17万7000平方メートルの敷地を有し、今年6月現在で約1000人が従事している。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事