IoT&物流支援ロボットで物流センター内の業務を効率化

IoT&物流支援ロボットで物流センター内の業務を効率化

ZMPとNTT東日本、NTTロジスコが実証実験開始

ZMPとNTT東日本、NTTロジスコは7月24日、ZMPが開発した物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」と自動運転向けクラウドサービス「ROBO-HI(ロボハイ)」を活用し、物流現場の業務効率化を図る実証実験を始めたと発表した。

両者を組み合わせ、NTTロジスコの物流センター内でWi-Fiを活用し、キャリロの現在位置や移動経路を一元的に自動把握。庫内に設置している自動重量計測マット「スマートマット」に乗せられた使用済み段ボールや空きかごが一定の重さを超えたり、下回ったりするとキャリロを発進させ、指定場所へ運ぶ。

庫内の業務をIoT(モノのインターネット)でどの程度効率化できるかを見極め、包括的に提供できるソリューションサービスの構築を目指す。


実験のイメージ(3社プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事