JR貨物が盆休み期間に577本のコンテナ列車を運行

JR貨物が盆休み期間に577本のコンテナ列車を運行

顧客の長期連休見込むもドライバー不足などに対応

JR貨物は7月26日、8月の盆休み期間に合計577本のコンテナ列車を運行すると発表した。今年度は「働き方改革」の流れで長期連休となる顧客が増えると見込む一方、トラックドライバー不足対策や環境配慮に取り組む企業を中心とした鉄道へのモーダルシフトに対応する。期間は8月10~19日まで。運行する主な貨物列車は次の通り。

▽関東→北海道(隅田川駅~札幌貨物ターミナル駅)
▽北海道→関東(札幌貨物ターミナル駅~隅田川駅)
▽関東→九州(東京貨物ターミナル駅~福岡貨物ターミナル駅)
▽九州→関東(福岡貨物ターミナル駅~東京貨物ターミナル駅)
▽関西→北海道(吹田貨物ターミナル駅~札幌貨物ターミナル駅)
▽北海道→関西(帯広貨物駅~吹田貨物ターミナル駅)

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

JR貨物カテゴリの最新記事