ニッスイ子会社の日水物流、大阪・舞洲の物流センターで2期工事

ニッスイ子会社の日水物流、大阪・舞洲の物流センターで2期工事

20年4月稼働目指す

日本水産(ニッスイ)は8月5日に公表した2020年3月期の第1四半期(4~6月)決算説明資料の中で、傘下の日水物流が大阪市此花区の舞洲に構えている物流センターで2期工事を進めていることを明らかにした。

関係者によれば、地上5階建て、延べ床面積は約1万6000平方メートルを想定。完成は2020年3月、稼働は同4月を計画しているという。

同センターは3温度帯対応で16年4月にオープン。コールドチェーン需要が引き続き見込めるため、当初から2期工事を視野に入れていた。


2期工事の進捗状況と完成予想図(ニッスイ決算説明資料より引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事