住友倉庫、グリーンボンドで50億円調達へ

住友倉庫、グリーンボンドで50億円調達へ

国内倉庫会社初発行

住友倉庫は8月9日、環境保護関連の資金を調達するためのグリーンボンド(環境債)を今年9月に発行すると発表した。

発行条件は期間5年で50億円を予定。国内の倉庫で空調機器を省エネ性能の高いものに切り替えたり、LED照明を採用したりするほか、海外の倉庫で屋上に太陽光発電設備を導入するのに充てる。国内の倉庫会社がグリーンボンドを発行するのは初めてという。

主幹事はSMBC日興証券と大和証券が務める。併せて、普通社債も発行する予定。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

住友倉庫カテゴリの最新記事