リクルート、自律走行型配達ロボット提供の米社に出資

リクルート、自律走行型配達ロボット提供の米社に出資

世界100都市以上で使用、大学や工場敷地内でも実運用開始

リクルートは8月21日、自律走行型配達ロボットを提供している米国のスターシップテクノロジーズに出資したと発表した。先進技術への投資を手掛ける子会社のRSPファンド6号を通じて実施した。具体的な出資額などは開示していない。

スターシップ社は2014年設立。配達ロボットは世界100都市以上で荷物配達に使われ、総走行距離は50万キロメートル、総配達回数は10万以上と実績を積み重ねている。

最近は大学や工場敷地内での実運用もスタートしており、自律走行型配達ロボットの需要はさらに拡大すると判断。ビジネス拡大を後押ししていく構え。


スターシップ社の自律走行型配達ロボット(リクルートプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事