大日本印刷が開閉不要の断熱ボックスを独社と共同開発

大日本印刷が開閉不要の断熱ボックスを独社と共同開発

無線通信で外から温度状態を確認、医薬品卸向けに拡販へ

大日本印刷(DNP)は7月3日、ドイツの真空断熱パネル・温度管理輸送容器メーカーであるva-Q-tec(バキュテック)社とボックスを開けずに中の製品に貼付されたICタグ情報、温度センサーを読み取ることができる電波透過型の断熱ボックスを共同開発したと発表した。

ふたを開けずに内容物の状態を確認できるため、医薬品の品質安定やすり替えなど偽薬防止対策にも効果を発揮すると見込んでいる。2020年から医薬品卸など輸送時に適切な温度管理を必要とする用途向けに販売を開始し、初年度は10億円の売り上げを目指す。


大日本印刷ニュースリリースより

医薬品類は輸配送時に指定温度を確保する必要があることから断熱性の高い保冷ボックスを利用している。従来の保冷ボックスはアルミなど金属を蒸着したフィルムを含む真空断熱パネルを使用。このため金属による電波遮断で無線通信を用いたICタグや温度センサーの読み取りができず、内容物の確認でボックスを開けた際に温度をどのように維持するかが課題となっている。

DNPがエレクトロニクス分野や産業用途で培った水蒸気や酸素などへの高いバリア性を持つ「DNP透明蒸着フィルムIB-Film」、バキュテック社が真空断熱パネルで直積したノウハウを活用。電波の透過を可能にしてICタグや温度センサーの無線通信を利用できる断熱ボックスを開発した。容量は11、16、23、30、33、43、57、74リットルの8タイプをラインアップしている。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事