メルマガの配信元アドレスが変更となりました

楽天、ネット通販の専用便配送「エクスプレス」を終了へ

楽天、ネット通販の専用便配送「エクスプレス」を終了へ

日本郵政との資本・業務提携で物流体制見直し、委託先事業者からは反発も

楽天グループが、自社で展開しているインターネット通販「楽天市場」の商品を専用便で配送するサービス「楽天エクスプレス」を近く終了する方向で準備を進めていることが分かった。

関係筋によれば、5月末以降を念頭に置いているとみられるが、楽天エクスプレスの配送を委託している各事業者と調整の上、正式に決める見通し。

楽天はネット通販への出品者向けに、在庫管理や出荷などを担う「楽天スーパーロジスティクス」を提供。配送に関しては大手物流事業者に依頼しているのと併せて、楽天エクスプレスとして個別に各地の配送事業者へ委託している。既に委託先へ発注を終える方針を順次伝えているもようだ。

楽天エクスプレスはトラックドライバー不足などを受けて配送コストが上昇しているため、楽天が自社で配送網を整備することを目指し、2016年にスタートした。現状では人口カバー率が63・5%に達している。

楽天は今年3月に日本郵政グループとの資本・業務提携を発表。日本郵便と合弁会社「JP楽天ロジスティクス」を立ち上げ、物流拠点の共同運営などを進める構想を立てている。楽天エクスプレスの体制を見直し、宅配は合弁会社が軸になって展開する体制に移行する予定だ。

ただ、委託先の配送事業者の一部からは、発注終了の方針説明があったのが5月の大型連休後で、5月末の終了方針と伝えられたために「準備の期間が足りない」などと反発の声が出ているもようだ。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事