新型コロナウイルス感染症への対応について

upr、価格安く最軽量のモーター付きアシストスーツを10月1日発売

upr、価格安く最軽量のモーター付きアシストスーツを10月1日発売

レンタル1日1000円、定額利用は月1万8000円と設定

ユーピーアール(upr)は9月4日、モーター付きのアシストスーツ「サポートジャケットEp+ROBO(イーピープラスロボ)」を開発したと発表した。

従来の動力付きアシストスーツより価格を抑え、レンタルは1台当たり1000円、毎月の定額利用サービスは1万8000円でそれぞれ提供。同社は業界最安値と強調しており、重量も3・4キログラムと同種の製品では最も軽くしている。販売価格はオープン。

9月10日に予約受付を開始、10月1日に販売とレンタルをスタートする予定。物流や介護、農業、製造業など多様なシーンでの活用を働き掛ける。

左右に取り付けたモーターが別々に動き、縦や横、斜めといったさまざまな動きをサポートし、腰などへの負荷を軽減できるよう配慮している。男女兼用で身長が155~190センチメートルの人に対応できる。

9月11日から東京・有明の東京ビッグサイトで開かれる「フードディストリビューション」や、同18日から名古屋市のポートメッセなごやで開催される「カーエレクトロニクス技術展」に出展する予定。


物流現場での利用イメージ(upr提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事