ZMP、物流支援ロボット「キャリロ」の新設センターや工場導入を包括的に後押し

ZMP、物流支援ロボット「キャリロ」の新設センターや工場導入を包括的に後押し

台数シミュレーションなどパッケージでサービス提供

自動運転技術開発などを手掛けるZMP(東京)は9月12日、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」を新設の物流センターや工場へ包括的に導入を支援するサービスを始めると発表した。

現場ごとに最適な台数のシミュレーションやインターネット通信環境の構築、優遇価格の設定、アフターフォローなど、ユーザーが円滑に使用開始できるようパッケージで支援する。

これまでにキャリロを新設物流センターや工場に導入したのは10社、総利用面積は10万坪に上る。これまでの業務効率化の実績とノウハウを今後のパッケージ支援にも反映させる。


物流支援ロボット「キャリロ」

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

nocategoryカテゴリの最新記事