ZMP、オフィスビル内物流への宅配ロボット活用を支援

ZMP、オフィスビル内物流への宅配ロボット活用を支援

社内便や会議室までの飲食配送などへの投入想定

自動運転技術の開発などを手掛けるZMP(東京)は9月18日、開発中の宅配ロボット「CarriRo Deli(キャリロデリ)」をオフィスビル内の物流に活用するソリューションの販売を開始したと発表した。

入居するテナント企業向けの荷物配送や社内便、会議室までの飲食配送など多様なニーズに対応していくことを想定。企業の敷地内での部品・製品の移送にも提供できると見込む。

ビル内の異なるフロア間を移動するため、エレベーターにも自動で乗り降りできるようにする。

キャリロデリは搭載したカメラやレーザーセンサーで周囲を監視し、人間や障害物を避けながら最高時速6キロメートルで自動走行し、積載量は最大50キログラムに対応可能。


「キャリロデリ」(ZMPプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事