大和ハウス工業、群馬・高崎の産業団地に物流施設開発へ

大和ハウス工業、群馬・高崎の産業団地に物流施設開発へ

進出内定、2ヘクタール弱購入を計画

群馬県高崎市で複合産業団地開発を進めている「高崎工業団地造成組合」は9月26日、進出する1次内定企業として、大和ハウス工業など11社を発表した。

対象の「高崎354複合産業団地」で11社に分譲されるのはトータルで約25ヘクタール。同社はこのうち2ヘクタール弱を購入する計画で、物流施設を開発する準備を進めており、同県で初めての案件となる見込み。分譲は2021年度ごろを予定している。

11社はこのほか、北関東輸送や群馬トヨペット、群馬日野自動車など。各社は自家倉庫などを整備するとみられる。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

大和ハウス工業カテゴリの最新記事