左折時の巻き込み事故防止へ大型トラックに警報装置取り付け義務化

左折時の巻き込み事故防止へ大型トラックに警報装置取り付け義務化

国交省が11月施行、スマホを車の鍵代わりに使用可能も

国土交通省は10月15日、車両総重量が8トン以上の貨物自動車に関し、側方衝突警報装置の取り付けを義務化すると発表した。左折時に自転車などを巻き込む事故の防止が狙い。道路運送車両の保安基準などの改正を11月15日付で施行する。

国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)で同装置に関する協定規則が採択され、国際的な基準が今年11月に発効するのに合わせた。新型車は2022年5月から、継続生産車は24年5月からそれぞれ規制の適用対象とする。

同装置はトラックが時速30キロメートル以下で走っている際、左側にある自転車などを検知し、衝突の恐れがある場合は警報音を鳴らすなどしてドライバーに注意喚起する。

国交省は併せて、スマートフォンを自動車の鍵として使えるようにすることも決めた。これまでは専用の鍵でエンジンを始動するよう定めていたが、一定のセキュリティー対策を施していることを条件に、スマホやタブレット端末などでも可能にし、カーシェアリングの際、鍵を利用者間で受け渡ししなくても済むようにすることを目指す。道路運送車両の保安基準などの改正を10月15日付で施行した。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

国土交通省カテゴリの最新記事