【動画】アルテック、海外製の自律走行フォーク型搬送ロボット2種類取り扱い開始

【動画】アルテック、海外製の自律走行フォーク型搬送ロボット2種類取り扱い開始

誘導用テープなど不要、自ら庫内最適ルートを計算

産業機械・機器商社のアルテックは10月17日、海外製の自律走行フォーク型搬送ロボット2種類の取り扱いを開始したと発表した。

スイスのストックリン製「EAGLE-ANT(イーグル・アント)」と、オランダのF3デザイン製「Nipper(ニッパー)」。障害物を自動認識するレーザースキャナーなどを搭載し、安全走行できるよう配慮。2種類ともに誘導用の磁気テープやワイヤーなどを用いず、自分で庫内の最適ルートを計算して移動できるのが特徴。

最大積載重量はイーグル・アントの高さが低いタイプが1600キログラム、より高いタイプは1200キログラム。ニッパーは1000キログラムとなっている。パレットはユーロパレットタイプのような底板が付いていないもののみ搬送可能。


「イーグル・アント」(右)と「ニッパー」(アルテックプレスリリースより引用)※クリックで拡大

「イーグル・アント」のデモ映像

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事