20年2月から郵便局でキャッシュレス決済導入へ

20年2月から郵便局でキャッシュレス決済導入へ

クレジットカードや電子マネーなど、当初は65カ所で順次拡大

日本郵便は10月25日、全国の郵便局で2020年2月3日から順次、窓口でキャッシュ決済を導入すると発表した。

郵便や宅配便の料金、切手、はがきなどの代金の支払いが対象。クレジットカードはVISA、MasterCard、JCBなど6ブランド、電子マネーは交通系ICやiD、WAON、QUICKPay+の4種類に対応する。スマートフォンによる決済にも主要ブランドで利用可能とする。

当初は全国65の郵便局でスタートし、順次拡大していく方針。20年5月には約8500局まで増やす計画だ。


郵便窓口でのキャッシュレス決済のイメージ(日本郵便プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日本郵政カテゴリの最新記事