uprが業界初、レンタルパレットの紛失保証制度を創設

uprが業界初、レンタルパレットの紛失保証制度を創設

事前に一定額支払えば、違約金ゼロに

ユーピーアール(upr)は10月29日、レンタルパレットの紛失保証制度を創設したと発表した。同日、インターネットや電話で申し込みの受け付けを開始した。レンタルパレット業界では初の試みという。

ユーザーは制度に加入の上、一定金額の保証料を事前に収めておけば、万が一紛失しても違約金を支払わずに済む仕組み。現在は紛失時に1枚当たり5000円といった違約金を設定している。なくした場合は「オフチャージ申告書」を提出してもらう。

レンタルパレットはトラックドライバー不足に伴い物流業務効率化を迫られていることから利用が急拡大。しかし、国内で約5億枚流通しているとみられるパレットのうち1割以上が紛失や流出などでなくなっているとの調査結果もあり、業界として対応を迫られていた。新制度創設でレンタルパレットの利用をさらに促したい考えだ。


レンタルパレット


新制度の仕組み※クリックで拡大(いずれもupr提供)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事