ドローンフューチャーアビエーション、ドイツ・フランクフルト空港で配送ロボの手荷物配送実験

ドローンフューチャーアビエーション、ドイツ・フランクフルト空港で配送ロボの手荷物配送実験

トランジットエリアで利用客アテンドも

ドローン(無人飛行機)の開発などを担うスタートアップ企業のDroneFutureAviation(DFA、東京)は10月29日、ドイツのフランクフルト空港で、同社が独占取扱権を持つ陸上用配送ロボット「YAPE」を使った手荷物配送などの実証実験を行ったと発表した。

空港運営会社のフラポートと連携。同空港のトランジットエリアにYAPEを計5日間配置し、飛行機の利用客をゲートまでアテンドするとともに、手荷物の配送支援を行わせた。

YAPEはイタリアのe-Novia製で、AI(人工知能)を搭載。時速約6キロメートルで移動、最大30キログラムの荷物を運ぶことが可能。3Dセンサーで周囲の状況を随時ウォッチし、人や物を自動的に回避する。

広大な空港内で荷物配送をロボットが手掛けることで、利用客の利便性向上や空港スタッフの負荷軽減を図る。


実験の様子(DFA提供)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事