日本通運が「働き方改革」の一環、国内引っ越しサービスに定休日導入

日本通運が「働き方改革」の一環、国内引っ越しサービスに定休日導入

原則水曜、見積もりや梱包資材の事前配達・引き取りも

日本通運は11月1日、国内の引越サービスに12月4日から定休日を導入すると発表した。11月1日以降に申し込みされる案件から適用する。

原則として毎週水曜日とし、見積もりや梱包資材の事前配達・引き取りも含めて業務を休む。繁忙期には除外日を設ける予定。問い合わせへの対応や各種電気工事などは従来通り実施する。

同社は「これまで当社の引越サービスは、年末年始の一部日程を除き、原則休業日なしで営業を続けてきたが、労働人口の減少によるドライバーや作業スタッフ不足の顕在化、働き方改革への取り組みなど、物流業界を取り巻く経営環境はますます厳しい状況になっている」と指摘。相対的に引っ越しの需要が少ない水曜日を定休日に設定することを決めたと説明している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日本通運カテゴリの最新記事