ヤマト運輸と西東京バス、路線バスで「客貨混載」輸送の実証運行

ヤマト運輸と西東京バス、路線バスで「客貨混載」輸送の実証運行

あきる野市~檜原村間で1日1回実施、20年の本格スタート目指す

ヤマト運輸と京王電鉄グループの西東京バスは11月1日、路線バスで宅配の荷物を運ぶ「客貨混載」輸送の実証運行を同日から11月30日まで実施すると発表した。

対象路線は東京都のあきる野市~檜原村を結ぶルート。平日の1日1回、あきる野市の西小中野バス停~檜原村の数馬バス停間の25キロメートル余りで空きスペースに荷物を載せて運ぶ。利用客減少を受け、ローカル路線の利用効率を上げて維持したい西東京バスと、宅配輸送効率化を目指すヤマト運輸の思惑が一致した。

従来はヤマトがあきる野市と檜原村に宅配の荷物を届ける場合、あきる野五日市センターと同村を片道約40分かけて1日3往復してきた。路線バスを使うことで運転時間を減らし、ドライバーの負荷を減らせると見込む。

両社は課題を検証した上で、2020年に客貨混載を本格的にスタートしたい考え。


貨客混載バスの出発式


貨客混載の概要※クリックで拡大


バスの車内に荷物を搭載する様子(いずれも両社提供)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事