LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

プロロジス山田氏、茨城・つくば施設の立地に自信

プロロジス山田氏、茨城・つくば施設の立地に自信

用地取得から2年と自社BTS型最短で完成

 プロロジスの山田御酒社長は9月21日、茨城県つくば市の「プロロジスパークつくば1-A」完成記念式典であいさつし、「用地取得から2年で完成した。専用施設としては最も期間が短い案件だった」と明らかにし、関係者への謝意を述べた。

 同市では初の案件となることに関連し「広域をカバーできる非常に戦略的な立地。つくば市も若い方々の人口が増えており、安定的な雇用が確保できるという意味でも優れている」と自信を見せた。

 入居するスタートトゥデイの大蔵峰樹取締役も「習志野(のプロロジス施設)を今基幹センターとして入出荷や採寸などを担っている。つくばも入出荷と商品の写真撮影を行う第2の基幹センターとして展開していく」と説明。施設の機能に期待を示した。

(藤原秀行)

完成記念式典であいさつする山田社長

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

プロロジスカテゴリの最新記事