アサヒビール、uprのアシストスーツを大阪・吹田工場に10台導入へ

アサヒビール、uprのアシストスーツを大阪・吹田工場に10台導入へ

商品の持ち上げや運搬の作業時に着用、負荷軽減図る

ユーピーアール(upr)は11月20日、アサヒビールの大阪・吹田工場にupr製の電力モーター付きアシストスーツ「サポートジャケットEp+ROBO」を同25日から10台納入すると発表した。

商品の持ち上げや運搬の作業時に着用し、腰などへの負荷軽減を図る。アサヒビールは2016年から同工場でupr製アシストスーツの実証実験を続けていた。

「サポートジャケットEp+ROBO」は、動力付きアシストスーツとしては最も軽い3・4キログラムで、最大10キログラムの荷役を補助できる。動力が左右別々に動くことにより、縦・横・斜めの各方向への作業動作をサポートし、重量物持ち上げや運搬の作業負担を軽減できるのがメリット。


工場でのアシストスーツ着用のイメージ(upr提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事