ダイセル物流、神奈川・愛川町の物流センター内に危険品倉庫を増設

ダイセル物流、神奈川・愛川町の物流センター内に危険品倉庫を増設

常温に加え定温も取り扱い可能、多様なニーズに対応

ダイセルは11月26日、傘下のダイセル物流が、神奈川県愛川町の「関東物流センター厚木営業所」内に定温機能を備えた危険品倉庫を増設、11月に運用を始めたと発表した。

従来の常温危険品(第4類)に加えて、定温の危険品も取り扱えるようにし、危険物に関する多様な保管・物流ニーズに対応する。新倉庫は自家発電設備を取り入れるなど、BCP(事業継続計画)にも配慮している。


「関東物流センター厚木営業所」(ダイセル物流ウェブサイトより引用)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事