京セラコミュニケーションシステム、省エネ・低コストの通信技術「Sigfox」の位置情報サービス開始

京セラコミュニケーションシステム、省エネ・低コストの通信技術「Sigfox」の位置情報サービス開始

Wi-Fiポイントあれば屋内でも利用可能

京セラコミュニケーションシステム(京都市)は12月2日、省電力・低コストで長距離通信が可能な通信技術「Sigfox(シグフォックス)」を活用した位置情報サービス「Atlas WiFi(アトラスワイファイ)」を同日始めると発表した。

Wi-Fiのアクセスポイントがあれば、屋内外でも位置情報を明確に取得できるのが強み。IoT(モノのインターネット)を展開している物流現場などでの活用を見込む。数十メートルの精度で経度や緯度を把握できるという。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

nocategoryカテゴリの最新記事